様々な用途に合わせやすいものを

ウォーターサーバーの種類とは

ウォーターサーバーといっても、そこで使われる水には種類があります。
どの水を使ったウォーターサーバーを選ぶのか、それによって料金もタイプも様々に変わってくるのです。
例えばペットボトルでも発売されている天然水を使ったウォーターサーバー。
天然水にはパナジウム、シリカ等の天然のミネラルが含まれていて、美容や健康に配慮する世代に注目されています。
海外の天然水は飲みにくい硬水が多いところ、日本の天然水は多くが軟水で飲みやすいのも特徴です。
また不純物を取り除いたピュアウォーターが使われるウォーターサーバーもあります。こちらは料理や赤ちゃんのミルクに相性の良いものです。
一定の品質を保つことができるのがメリットです。
もう1つは浄水型ウォーターサーバー。
水道上水を浄水するもので、場所を取らないのが魅力です。

コスト面の違いを知っておこう

水の種類によってウォーターサーバーに違いがありますが、この種類の違いよってかかるコストの面でも違いが生じます。
ファミリー世帯としてコスト面は避けて通れないところでもあるでしょう。
まず天然水ですが、採水地によっても異なるものの比較的コストは高めです。
含有するミネラル量などによっても金額に違いが生じますが、一般的には様々なウォーターサーバーの中でも高額になりがちです。
またピュアウォーターのウォーターサーバーですが、天然水のウォーターサーバーと比べるとリーズナブルです。
また定期宅配サービスなど、ご自身で運搬しなくても定期的な交換ができる定期購入システムが多いのもこちらの種類となっています。
最後に浄水型ですが、浄水型の多くは水道の蛇口取り付け型です。
つまり別に水を購入しないため、水道料金のみとコスパの面でいえば最強ともいえます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る