毎日の生活を豊かにするウォーターサーバー

ファミリー世帯はどの位の量が必要なのか

ウォーターサーバーを導入する際、もっとも大きな問題となるのは容量の問題です。
とくにファミリー世帯の場合は、必要な水の量が分からないことも多いのではないでしょうか。
例えば夫婦2人に加えて子供の数、また祖父母や叔父叔母など、同居する家族の数が増えれば、その必要量はより正確に分からないものです。
一般的には、飲み水だけで人は1から1.5リットルの水分を必要としています。
これに加えて料理で飲用する水分も考慮すると、1人当たり1日2リットル以上の水は確保しておくと良いということになります。
あとはご家庭それぞれの人数に合わせて計算することで、1日当たりの必要量は想像できることでしょう。
ただし、これだけでは足りません。
来客や子供の友達など不意に人が増えること、また料理によって多くの水を必要とする場合があることも考慮すべきです。

容量が多いことで生じるデメリットもある

家族や来客が多いご家庭なら、多くの容量を確保できるウォーターサーバーを導入した方が良いということですが、ここで1つ問題があります。
大量の水を確保できるウォーターサーバーとなると、どうしてもそのウォーターサーバー自体が大きくなってしまいます。
容量が大きければその分、ウォーターサーバー自体も大きくなるのです。
ウォーターサーバーが大きいと室内で場所を取ります。
今まで置いていたウォーターサーバーがあっても、そのスペースに入りきらないという問題が生じてしまう可能性があります。
また重量という面でも検討しておきましょう。
大容量のウォーターサーバーを導入するのならば、相応のスペースを確保しておく必要があることも併せて検討しておくのが賢明です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る